あなたは給与明細をきちんと見たことがありますか?

やがて就職する皆さん。

最初に手にする給与明細。
みんな興味津々ですよね。
いったい、いくらもらえるのか?


でも、開けてびっくり・・・。
意外に少ない。なんでこんなに引かれているの?

基本給はいくらか知っていても、手取りがいくらになるのか、何にいくら引かれているのか、意外と知らない人が多いのです。
給与明細は、社会保険や年金、税金などの情報の宝庫。これを使って学べばみんな社会保険のプロになれるのに・・・。そんな思いで書きました。

社会保険、税金の仕組みは実はそれほど難しいものではありません。
複雑でわかりづらいというイメージがあるのは、細かな規定、例外的措置に目を奪われているせいなのです。

本書の目的は、社会保険、年金等についてよくわからないという人や苦手意識を持つ人を対象に、身近な疑問から始めて、なんだ、そういうことなのかと目からウロコ、頭スッキリ、納得してもらうことにあります。
目次の一例ですが、

・話が違う、初任給がこんなに低いとは・・・

・会社で禁止されているマイカー通勤で事故。それってヤバくない?

・プロ野球選手は年俸をいつ手にしているのか?

ちょっと興味を引かれるでしょう。


寝転がっても読めるよう、身近な疑問、よくある誤解を取り上げ、専門用語は使わず、わかりやすく解説しています。
日ごろの疑問点がスッキリと理解でき、目からウロコの、生活にも仕事にも役立つ内容です。
もちろん、ウチの学生はこんな授業も受けられますが、大学生や給与明細なんてちゃんと見たことがないという社会人はぜひ読んでほしいと思います。




Amazon


■難関資格が働きながらラクラク取れる勉強法

Amazon


■いつも目標達成している人の勉強術

Amazon



福田 稔(ふくだ みのる) 
中小企業診断士、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー

昭和33年生まれ。慶応義塾大学卒業後、ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)入社。販売、マーケティング、情報システム等の業務を経験。退職後、岡山県の経理系の専門学校を経て現在は広島県福山市にある学校法人穴吹学園に理事・副校長として勤務。
東京からのUターン就職のためにはじめて取得した資格、日商簿記検定3級をきっかけに、宅地建物取引主任者、行政書士、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、中小企業診断士などの試験にいずれもストレートで合格する。
その経験をもとに、資格取得講座や、資格取得のための勉強法セミナー、再就職のための支援講座などに携わる。また、ブログ「行列ができる進学相談所」等で、進学や就職、勉強法に関するアドバイスを発信し、好評を得る。
企業が求める人材に育てるため、学生の即戦力化と早期離職防止を2大テーマに、今も教壇に立ち、キャリア論など就職支援のための講義をする傍ら、企業研修や講演、執筆などもこなす。

ブログ 「行列ができる進学相談所
ブログ 「就職に強いと言われる専門学校の教師が書いた最強の就職バイブル

出 版 「いつも目標達成している人の勉強術」(明日香出版)
出 版 「難関資格が働きながらラクラク取れる勉強法」(ぱる出版)
出 版 「なぜ手取りはこんなに少なくなるのか」(PHP研究所)

小冊子 「今年の新人は違う、そういわせるための10の行動パターン」発行